1歳の赤ん坊のペニスが突然、25歳に急成長! 陰毛生えて“大人の股間”に

1

1: 逢いみての… ★ 2016/06/07 01:19:44.84 ID:CAP_USER

小学生くらいから個々の成熟度の差が目立つようになってくるが、それがきわめて極端なケースが稀にある。
なんと5月末、インドで、1歳の赤ちゃんに早すぎる性的成熟が起こっていた症例が報告されていたのだ。
インド・デリーの家族に生まれたアカースくんは1歳の赤ちゃんだが、すでに性器は大きく発達し陰毛に覆われているというから驚きだ。
顔の周辺や身体全体にも体毛が生え始めているという。

彼は1歳にもかかわらず、主要な男性ホルモンであるテストステロンが25歳の男性に匹敵するレベルで分泌されていて、“たくましく”成長を遂げているという。
筋肉も発達してきているため、もはや母親の力では扱いきれなくなっているということだ。
アカースくんの母親によれば、それまでも普通より大きな赤ちゃんであることは認識していたものの、生後6カ月を過ぎた頃に“普通ではない”と気づきはじめたということだ。
 
「ペニスが急に大きくなって普通の大人のサイズくらいになったんです。それで我が子の体に何かおかしなことが起こっていることに気づきました」
(アーカス君の母親)

それでもすぐには医者に診せなかったのだが、同じくこの“異変”に気づいた母親の義母の忠告で、アカースくんは病院で診断を受けることになった。
そして医者から「早発思春期」であると告げられたのだ。

 最初は両親も医者も、何らかの腫れやできもので性器が大きくなっていると考え、またその原因として脳や胃腸に腫瘍があるのではないかと疑われたのだが、血液検査などの結果、アカースくんの体に腫瘍はないことがわかった。
ある意味ではとても幸運なことで、両親はホッと胸を撫で下ろしたという。しかしながらこの早すぎる性的成熟を見せる早発思春期もまた厄介な症状であるという。

一般的な子どもは女児なら10歳頃、男児は12歳頃から性別の特徴が現れ始めるのだが、それが2~3年程度早く始まってしまう症状が早発思春期(Precocious puberty)である。
日本では思春期早発症や性早熟症とも呼ばれている。したがって発症した場合、女児なら7歳前後、男児なら9歳前後に性的成熟がみられるケースがほどんだが、
アカースくんのように1歳の段階で症状が確認できるというのもきわめて稀であるといえるだろう。

以前トカナでも紹介したが、1939年のペルーでは、リナ・メディナちゃんという女の子が5歳7カ月で出産している。
彼女もまたきわめて極端な早発思春期である。

 

2

アカースくんを診断した小児科医のバシャーキ・ルスタギ医師によれば、きわめて稀な症例となる早発思春期のケースに出くわすのは10年に1度ほどだという。
それでもアカースくんほどの極端な“早熟”の例はなかなかないようだ。なんとアカースくんは生後18カ月で“声変わり”さえしてしまったのだ。

少年時代に自分1人だけきわだって成熟していることはトラウマになりやすく、周囲の協力などがない場合は心に傷を負った反動で暴力的な人物になりやすいということだ。
また、思春期の早い段階で身体的成長が終わってしまうケースもあり、最悪の場合、身長が1m前後で止まってしまうこともあるという。

 病院でアカースくんは男性ホルモンの影響を抑制するための治療を受けており、治療開始から5カ月が経過した時点で、性的な成長は鈍化しペニスのサイズが小さくなりはじめたということだ。
月に1回の治療はアカースくんが物心つき、自分の体が周囲の子どもと違うことを理解した後、精神の安定がもたらされるまで続けられる予定であるという。

人とはちょっと違う成長を遂げてしまうことになるアカースくんだが、無事に乳幼児期から幼児期、思春期を乗り越えて心身ともに健やかに育ってほしい。

以下ソース
http://tocana.jp/2016/06/post_9926_entry.html


2: 夜更かしなピンクさん 2016/06/07 01:35:45.94 ID:F1/IliGI
将来が楽しみだ。
4: 夜更かしなピンクさん 2016/06/07 02:17:53.99 ID:IEX+1XV5
チンカースも溜まってたお。
5: 夜更かしなピンクさん 2016/06/07 02:20:06.30 ID:PDIMRMFH
こええよ。
6: 夜更かしなピンクさん 2016/06/07 03:47:25.28 ID:awvURcdA
初めて立つ前に初めて勃ってしまいそうだな